建設・工務店|軽井沢でも開放感がある代わりに高気密が必要になる建築方法

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

■該当件数4件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ>
TOP > 建設・工務店 > サイエンスホーム軽井沢店

軽井沢でも開放感がある代わりに高気密が必要になる建築方法


複数の階層を持った建築の中でも、上下階の空間をつなげられる吹き抜けは、さまざまな使い方ができるようになります。圧迫感のある壁や床がなくなることで、解放感を強められるようになるでしょう。実際に建築するとわかりますが、容積は大きくなり、光あふれる建物になります。冷暖房効率が注目される建築方法でもありますが、軽井沢のような気候であれば、涼しい夏場は問題がありません。高い湿度が問題になる軽井沢ですが、空気が動くようにファンをつけてしまえば、生活しやすい空間となるでしょう。問題は冬の寒さです。軽井沢の冬の寒さは、想像を超えるほどであり、内外機関続きます。床暖房を設置したりすることで、冷たい空気を温められるようになりますが、これだけでは意味がありません。外張り断熱のように効率的な建築方法を取っていくことによって、気密性を高められ、暖かな空気を逃がさないようにできるのですから、同時に考えていく必要があるでしょう。